犬を飼う上で気になるのが「去勢」のこと。

一体いつまでにした方がいいの?

こんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

ここでは、犬の去勢の時期、方法、値段についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

去勢はいつまでにするの?

去勢する時期は、犬種や身体の大きさによって差があります。

ただ、一般的にはオス・メス共に生後数ヶ月~生後6ヶ月がベストだといわれています。

オスの生殖能力が完成するのは生後1年くらいですが、小型犬に比べて大型のワンちゃんの方が生殖能力が完成するのが遅めです。

オスに発情期はありませんが、発情中のメスの匂いに誘われて、オスはいつでも交尾可能な状態にあります。

発情したメスの匂いは2kmあまり届くといわれているので、けっこうパワフルですね!

また、メスの場合は、初回の発情を迎える前の生後数ヶ月に避妊手術を行うことが多いようです。

ちなみに、メスの発情(ヒート)は、生後6~8ヶ月くらいに初めて起きます。

小型犬に比べて大型のワンちゃんのほうが遅いといわれています。

小型犬は5~7ヶ月くらいの周期で年に2回、大型犬は8~12ヶ月くらいの周期で年に1回以上発情します。

その為、小型犬の場合は去勢するかどうかを早い段階で判断しなければなりませんね。

生後数ヶ月と聞くと、「そんなに早い時期に去勢しちゃうの!?」と思うかもしれませんが、若くて体力がある方が術後の回復が早くなります。

【関連記事】犬の去勢は必要?犬が去勢するメリット・デメリットと去勢後の変化

犬の去勢・避妊手術はどんなことをするの?

犬とはいえ、大事な家族が手術を受けるとなると、どんなことをするのか気になりますよね?

避妊・去勢の手術は、動物病院で受けることになりますが、飼い主としては安心できるところでお願いしたいところ。

まずは、一般的な犬の去勢手術の流れを理解して、心の準備をしておきましょう。

スポンサーリンク

去勢手術の流れ

1. 事前検査

手術を受けるワンちゃんの状況を獣医師が確認します。

一般検診の他にも、動物の年齢や状態に応じて、血液検査やレントゲン、心エコー検査などの検査も行います。

2. 麻酔

3. 手術

4. 術後の回復

麻酔が覚めて安全な歩行ができるようになったら、オスの場合は帰宅します。

開腹手術となるメスは、合併症などが起きないことが確認できた後に帰宅します。

次に、犬の去勢手術の内容をみていきましょう。

オス

全身麻酔をかけて包皮と陰嚢の間の正中線の上を1~1.5cmほど切開し、精巣と精巣上体が納まっている睾丸(玉袋)を摘出します。

手術は1時間前後、日帰りから1泊のスケジュールで行われます。

メス

全身麻酔をかけて開腹し、卵巣または子宮、もしくはその両方を摘出します。

手術にかかる時間は1~2時間で、1泊するのが平均的なスケジュールです。

犬の去勢手術にかかる値段・費用・料金は?

犬の去勢手術にかかる値段や費用は、手術を行った動物病院の設備と労力や検査で異なります。

※動物の診察費用は自由診療なので病院によって料金が異なります

手術費用には次の項目が含まれます。

◆ 全身麻酔料
◆ 手術技術料
◆ 手術室使用料
◆ 手術用具滅菌料
◆ 術前の麻酔に対する診察料
◆ 血液検査料
◆ 尿・便検査料
◆ 手術に使用する用具料(マスク・針・縫合糸など)
◆ 入院料
◆ その他人件費

これに別途、術後の診察代や抜糸などにも費用がかかるので、多めに見積もっておいたほうが良さそうです。

後のトラブルを避けるためにも、病院の玄関を入って出てくるまで全部でいくらかかるかをあらかじめ聞いておきましょう。

スポンサーリンク

犬の去勢費用に補助金・助成金が出る!?


そろそろ、うちの子も去勢手術を受けさせないと。。

手術費用って結構かかるから正直イタイなぁ。。

そんな飼い主さんに朗報です!

もしかすると、お住まいの市町村から補助金(助成金)が出るかもしれません。

助成金や補助金を出しているのは一部の市町村に限られているので、一度、お住まいの地域が該当するか一度確認してみてはいかがでしょうか?

● ぜんこく 犬猫助成金 リスト

http://joseikin4catsdogs.web.fc2.com/

犬の去勢後の抜糸について


犬の去勢術後の抜糸のタイミングは、早ければ1週間後に抜糸という病院もあるので、獣医さんに抜糸日をよく聞いておきましょう。

決められた日に抜糸をしないと皮膚に糸が食い込んで、抜糸しにくくなります。

また、最近は抜糸なし(抜糸する必要がない)糸で病院もあるようなので、やはり抜糸日はしっかり確認しましょう。

犬の去勢で抜糸した後は、シャンプー時などに傷口をゴシゴシ洗わないように注意することも大切です。

また、ワンちゃんによっては、去勢後の傷口を舐める犬もいますよね?

こういった場合は病院でエリザベスカラーをつけられるケースもあります。

カラーは固くて窮屈そうなので、(いつまでつけなくちゃいけないんだろう?)と思いますが、獣医さんに聞いたところ「抜糸までずっとつけておくように」とのことでした。

性格は変わる?犬の去勢後の変化について


去勢を考えるに当って、犬の去勢手術後の症状が気になりますよね?

避妊も去勢も性的器官を取り除く手術ですが、去勢後には次の変化が起こりやすいといわれています。

■ ホルモンバランスの乱れ
■ 凶暴化・ヒステリックになる
■ マーキングが減る・増える
■ 排便がない
■ 血便
■ 発情やマウンティングの減少
■ 雄の場合、玉袋がしぼんで小さくなる

本来あるべきものがなくなるので、ホルモンバランスの乱れが起こります。

その為、性格が変わってしまうように見えることもあるようです。

まとめ

犬の去勢を考えている人は、まずは手術の流れを把握するところから始めるといいかもしれません。

また、去勢施術にかかる費用については、病院によってことなるので、トラブルを防ぐためにも事前にきっちり料金を確認しておきましょう。