狂犬病や混合ワクチンを接種した後で気になるのがシャンプーの時期。

ワンちゃんが炎症を起こすのも嫌ですし、具合が悪くならないか心配ですよね?

ここでは、犬ワクチン後のシャンプーの時期についてみてみましょう。

スポンサーリンク

犬ワクチン後のシャンプーはいつからOK?

犬ワクチン摂取後の注意としては「注射当日から2~3日間は、激しい運動や入浴・シャンプー等は控えてください」というものが多いようです。

特に狂犬病ワクチンの場合、「ワクチン接種後、1週間はシャンプーできません」という所もあります。

いずれにしても、ワクチン接種後はしばらくはシャンプーをしない方が良さそうですね。

ワクチン接種後は、なるべく興奮させず、ゆっくり帰宅してくださいといわれる場合もあります。

やはり、ワクチン接種後、しばらくは安静にしているのが良さそうですね。

ちなみに、犬ワクチンによるアレルギー症状はワクチン接種後20分~4時間後くらいに発症することが多いといわれています。

症状としては顔が腫れる、嘔吐、下痢などがあります。

この様な症状を見つけたら、直ちに病院にかかりましょう。

シャンプーはワクチン摂取前にしておこう!

犬ワクチン接種後はしばらくシャンプーをしない方が良いことが分かりました。

その為、近々シャンプーしようと考えている場合は、ワクチン接種前にシャンプーをするようにしましょう。

スポンサーリンク

ワクチン接種後は激しい運動もNG!

ワクチン接種後は、ワンちゃんの身体への負担やワクチンへの反応を考えて安静にすることが大切。

ワクチン接種前後はシャンプーに限らず、激しい運動や長距離移動などのストレスをかけないように心がけましょう。

初年度の予防接種は特に注意が必要!

初年度の予防接種の場合は、特に注意を払いましょう。

生後3ヵ月以上でワクチン接種をした場合、摂取後、2週間以上たってからトリミングや散歩を行うようにしましょう。

【関連記事】犬ワクチンは毎年必要?ワクチンの必要性と種類・時期・回数・料金

【関連記事】犬ワクチンの副作用で元気がない?副作用の症状│震え・嘔吐・下痢

【関連記事】【画像あり】シャンプーが原因?!犬の外耳炎の原因と薬・治療法

【関連記事】適温は?犬のお風呂の温度とお風呂嫌いがお風呂好きになる方法

【関連記事】犬皮膚病・犬アトピー・犬アレルギー・犬ダニにおすすめシャンプー

まとめ

犬ワクチン後のシャンプーはワクチン接種後の4日以降にしましょう。

狂犬病ワクチンの場合は1週間以上経ってからシャンプーをするのが望ましいようです。

シャンプーしたいと考えている方はワクチン接種前にシャンプーするように心がけましょう。

スポンサーリンク